メッセージ

機械工学科のキャッチフレーズは、ものづくりと乗り物大好き学科です。機械の設計には、設計する分野の工学の知識とともに、いかに多くのものづくりの経験をしているかが大切です。機械工学科では、自動車工学、宇宙航空、機械創造の各コースを設置し、各学生は、自分の進路に合った知識を習得できます。また、企業での開発業務を模したプロジェクト形式の演習もあり、ものづくりを実体験できます。知識の修得と経験の蓄積を両輪にして、新しい技術を創造できるエンジニアを育てたいと思っています。皆さんと会えるのを楽しみにしています。

学科アドミッションポリシーへ

機械工学科で学べること

機械工学科では様々な分野の講義、演習を通して、社会に役立つエンジニアを育成しています。特に4年生の卒業研究では、1年間かけて各分野について最先端の研究を行い、実践力を蓄えます。ここでは講義や演習で学べる内容と最先端研究について紹介します。
皆さんは、どんな分野に興味がありますか?

★研究トピックス
 ・運転支援システム➔丸茂先生のページへ
 ・車両の運動制御➔景山先生のページへ
 ・自動車構造用複合材料の開発➔坂田先生のページへ
 ・鉄道のヘルスモニタリング➔綱島先生のページへ

★関連する授業
 ・ビークルダイナミクス  ・システムモデリング演習  ・システム制御
  ➔カリキュラムマップへ

★関連する主なコース
 ・自動車工学コース  ・機械創造コース

★研究トピックス
 ・宇宙環境でのエンジン燃焼  ➔野村先生のページへ
 ・キャビテーション➔沖田先生のページへ

★関連する授業
 ・航空宇宙推進機  ・航空宇宙工学
  ➔カリキュラムマップへ

★関連する主なコース
 ・航空宇宙コース  ・機械構造コース

★研究トピックス
 ・電子デバイスの冷却➔松島先生のページへ
 ・羽なしかくはん装置➔安藤先生のページへ

★関連する授業
 ・高速空気力学  ・流体機械
  ➔カリキュラムマップへ

★関連する主なコース
 ・航空宇宙コース  ・機械創造コース

★研究トピックス
 ・高機能摩擦接合技術➔前田先生のページへ
 ・成形シミュレーション➔高橋先生のページへ
 ・非破壊検査技術➔小幡先生のページへ
 ・最適構造設計・解析➔平山先生のページへ

★関連する授業
 ・マシンツール  ・自動車の生産工学  ・メカトロニクス演習  ・軽量構造材料
  ➔カリキュラムマップへ

★関連する主なコース
 ・自動車工学コース航空宇宙コース    ・機械創造コース

★研究トピックス
 ・ヒューマンマシンインターフェース➔栗谷川先生のページへ
 ・ブレインコンピュータインターフェース➔柳澤先生のページへ

★関連する授業
 ・人間・機械システム  ・ロボット工学  
  ➔カリキュラムマップへ

★関連する主なコース
 ・自動車工学コース航空宇宙コース    ・機械創造コース

★研究トピックス
 ・機能性材料➔久保田先生のページへ
 ・マグネシウム利用➔野本先生のページへ
 ・複合材料の成形法➔平林先生のページへ

★関連する授業
 ・機械構造材料  ・機械加工学  
  ➔カリキュラムマップへ

★関連する主なコース
 ・自動車工学コース航空宇宙コース    ・機械創造コース

研究室紹介

CLOSE UP研究室

久保田 正広 研究室

高機能性ナノ素材で機械の性能を飛躍的に向上

構造物の軽量化を実現するために必要不可欠な素材、アルミニウム、マグネ シウムそしてチタン。これらの軽金属を高強度化させる加工プロセスの研究、 そして新しい機能性を付与させるための合金設計に挑戦しています。

社会のこんなところで応用されています

自動車やパソコンに使用されている材料や加工技術をさらに進化させ、次世代電気自動車用部品や次世代新幹線用部品としての応用が期待されています。

グローバル化をめざして!
これまで一緒に学んできた学生諸君は、学協会での研究発表で優秀講演賞や優秀ポスター賞を受賞しています。海外で開催される国際会議で発表を経験した学生もいます。



マテリアル(材料)とマニュファクチャリング(加工)

学生は高価な実験装置を使って新しい材料を自ら作製します。その材料を自分たちで評価し、材料作製プロセスと特性との関係を構築する過程で学生たちはモノづくりの基本を学ん でいきます。

佐久間 裕さん

機械工学科
自動車コース4年
千葉県立袖ヶ浦高等学校出身



未知の物事に積極的に取り組む開発重視型の研究内容が魅力です。また、 さまざまな実験装置が揃っており、充実した環境が整っています。私は現在、 粉末冶金法を用いて磁性を有する黄銅の作製を行っていますが、黄銅に通 常では備わっていない磁気特性を付与させるなど新しい材料の作製に成功 した際は達成感を感じます。

久保田 正広

教授・Ph.D.



機械工学科では環境に優しく、人に優しいモノづくりの基本をさまざまな角 度から学んでいきます。その中でも機械材料は電気自動車、次世代航空機や リニアモータカーといった将来の輸送機器に適応できるような新素材、また 生体適合性に優れる骨代替材料の開発やその評価について学ぶ領域です。 機能性を示す材料を自ら創り出すことに一緒にチャレンジしましょう!

自動車工学コースに関連した研究紹介

【未来の自動車技術へのチャレンジ】

オートバイを操縦するロボット

オートバイを操縦するロボット

【「脳と機械をつなぐ」夢の技術】

ブレイン・コンピューター・フェース(BCI)

航空宇宙コースに関連した研究紹介

【超軽量飛翔体構造の創製】

CFRPによる飛翔体の制作過程およびコンピュータによる構造解析

CFRPによる飛翔体の制作過程
およびコンピュータによる構造解析

【宇宙実験を目指して】

微小重力環境実験施設

機械創造コースに関連した研究紹介

【ものづくりのための新技術】

アルミニウム製のつくばエクスプレス車両/アルミダブルスキャン構体の構造

【機能性アルミニウムで世界を変える】

暗闇で光るアルミニウム

学生生活

まずは学生生活のうち、終盤に差し掛かってみんなが関係する就活について在校生にアンケートしました。
その結果を3件ほど掲載いたします。

【就活アンケート No.1】
どの時期にどんな活動をしていましたか?
2月     なんとなく何かしないかなと思う
3月     末日合同説明会へ
合同説明会に行きつつ気になった会社の説明会に行く
(5~7社くらい)
4月      学校が始まり、合同説明会への頻度も減る
選考を始める
5月      二次選考が始まりつつある
6月      最終選考が終わる
内定
7月      内定先との交流

就活の服装はどんなものでしたか?(例えば、新しくスーツをかった、髪型などの注意すべき点)
入学式用に買った適当なスーツ
髪色を少し暗くした

合同説明会のポイント
意欲を持とうとする
図書カード目当てでもいいのでいろんなブースに行ってみる
もらえるものはもらっておく

会社説明会でのポイント

きちんと挨拶をする(失礼のないように)
質問とかもする
顔を覚えてもらって勝ちに行く

業界選びのポイント
自分の興味を優先して、あとで福利厚生とか給料をみて決めるのがいい

会社選びのポイント
人事がダメなところは全部だめです

SPI・専門試験対策はどんなことをしたか
特に何もしていません
普段から授業をきちんと聞くだけでも変わる
本を読んだ方がいい(日本語対策)

エントリーシートのポイント
物は言いようです。どうせ通っても不可でも人事しか見ない。
恥ずかしがらずに話を盛りましょう

面接のポイント

俺が受けてやっているという心の余裕

説明会に行った会社  (差支えなければ社名も)

8社以上(CASIO/コクヨ/コニカミノルタ/DNP/日本デキシー/VSN/OStsch/トラストテック その他)

実際にエントリーした会社(差支えなければ社名も)
   8社 ( CASIO/コクヨ/コニカミノルタ/DNP/日本デキシー/VSN/OStsch/トラストテック)

就活にはどんな費用がかかりましたか?
交通費が一番かかる。欠点で化粧品
貴方がその会社に決めた理由
ノリと雰囲気と給料

その他のアドバイス
落ちても『あの会社見る目ないね』と思うと心が落ち着きます。
あと、人事は割とポカが多いので変なことがあったら早めに連絡をするといいです。

【就活アンケート No.2】
どの時期にどんな活動をしていましたか?
2月     業界研究
合同説明会に参加
とりあえず、一流企業、大企業に出席
SPIの勉強
3月     エントリーシートの骨組みを決定
合同説明会に参加
志望度ごとに企業をまとめ始める
4月      エントリーをひたすらやる
提出が速いところでエントリーシートの練習
SPI受験
5月      面接練習
日経ビジネスをまじめに読む
6月      内々定をもらって終了
7月      卒業研究にとりくみながら趣味に力を入れる

就活の服装はどんなものでしたか?(例えば、新しくスーツをかった、髪型などの注意すべき点)
スーツ2着とYシャツ4枚購入
大事な企業の面接直前は髪型を整える
就活メイクを習う

合同説明会のポイント
とりあえず話を聞く
いろんな業界を見てみる
会社説明会用に興味のある企業だけでも疑問をメモしておく

会社説明会でのポイント
遅刻しない
必ず質問する

業界選びのポイント
興味のある分野かどうか
新聞の株価で稼いでいる業界とかを見る

会社選びのポイント
気に入るかどうか
面接官の態度
交通費の有無

SPI・専門試験対策はどんなことをしたか
ひたすら問題を解く
図書館のSPI本+就職相談のところのある本を繰り返す

エントリーシートのポイント
話題になりそうなワードを仕込んでおく。
必ず人に見せる

面接のポイント
不快感を与えないようにする
聞かれたら答える

説明会に行った会社  (差支えなければ社名も)
20社

実際にエントリーした会社(差支えなければ社名も)
10社

就活にはどんな費用がかかりましたか?
交通費/化粧品

その他のアドバイス

まずは学生生活のうち、終盤に差し掛かってみんなが関係する就活について在校生にアンケートしました。
その結果を3件ほど掲載いたします。

【就活アンケート No.3】
どの時期にどんな活動をしていましたか?
2月     就活への不安でドキドキしていましたが、特に行動は移さず
3月     1日から3日の学校の合同説明会へ
第一志望となりそうな大手へのエントリー
会社説明会/面接/エントリーシートなども行っていました。
4月      会社説明会(4月が一番おおかった)
エントリー
SPI試験/面接などの選考
5月      GW前に内定(ゼネコン業界から見ると普通な時期ですが、ちょっと早めの内定)
6月      
7月      内定者懇親会

就活の服装はどんなものでしたか?(例えば、新しくスーツをかった、髪型などの注意すべき点)

Yシャツは新しいものを買いました。あとストッキングの予備はいつも持っていました。
スーツは真っ黒のリクルートスーツでした。
髪は黒くして前髪をワックスとスプレーピンでとめて、お辞儀をしたときに絶対崩れないようにしていました。

合同説明会のポイント

名前を知っている企業よりも、知らない企業に行くのをおすすめします。名前は知られていなくても、
業界シェアナンバーワンの企業などが見つかります。
滑り止めの企業や様々な業界を見たいときに活用するといいと思います。

会社説明会でのポイント

時間に余裕をもて行くことで心に余裕ができます。また、絶対会社の下調べと業界を調べておくといいです。
その会社の将来の展望/業界の中での位置づけ/自分のやりたいことが出来るのか
この3点に集中して聞いていました。

業界選びのポイント

これは自分の興味がある分野に限りますが、あまり多くの業界を受けすぎるのはよくないと思います。
2つぐらいに絞った方が志望理由も固まりやすいです。

会社選びのポイント

自分の優先順位をはっきりさせることが大切だと思います。
私の場合仕事内容や給料などが優先でした。なので勤務地は全国転勤ですし、
お休みも少ないですが、好きな仕事が出来そうなので楽しみです。

SPI・専門試験対策はどんなことをしたか

SPIの性格診断は多く受けない方がいいです。自分はこういう人間だとおもって1回受けた結果を出すようにした方がいいです。
この性格診断の結果と面接での言動を比較されていますのでご注意を、、、
SPIは問題集を解きました。図書館でもSPIの本借りられますよ

エントリーシートのポイント
きれいな字で具体的に書くことが大事です。また、絶対人に見てもらって問題点を指摘してもらうといいです。
また、志望度が高い企業はできるだけ早く出した方がいいです。

面接のポイント

いかに通常と同じく話をできるかどうかです。
緊張しますが、面接官の方とコミュニケーションをとって、自分のことを知ってもらうという感じでいたほうがいいです。
その会社をほめて、会社で自分はなにがしたいのか、将来どんな人間(私はコミュニケーション能力をいかして会社内の パイプ役になりたいとかいいました(笑))になりたいのかを伝えられるといいです

説明会に行った会社  (差支えなければ社名も)
15社(大林組/竹中工務店/熊谷組/など )

実際にエントリーした会社(差支えなければ社名も)
  (奥村組/竹中工務店/熊谷組/など)

就活にはどんな費用がかかりましたか?

交通費もかかりますが、時間に余裕をもって行きすぎていたので暇つぶし代もかかりました。
私はマックやドトールで時間をつぶしていました。

その他のアドバイス

就活は人と比べて不安になることもありますが、自分のやりたいことを信じきることが大切だと思います。
困ったことや悩んでいることがあったら機械工学科女子の先輩が相談にいつでものるので頼ってください。
皆さんの就活がうまくいくように願っています。