3.if文

以上: >=

以下: <=

等しい: ==

より大きき: >

より小さい: <

等しくない: !=

2択の場合

In [5]:
a = 1
if a > 5:
    print("5より大きい")
else:
    print("5以下")
5以下
In [6]:
a = 8
if a > 5:
    print("5より大きい")
else:
    print("5以下")
5より大きい

文字列の場合も同様

In [14]:
a = "たぬき"

if a == "たぬき":
    print("たぬき")
else:
    print("きつねかも")
たぬき

3択以上の場合

In [8]:
a = 10
if a >= 10:
    print("10以上")
elif a >= 5:
    print("5以上")
else:
    print("5より小さい")
5より小さい

4.繰り返し文

1から10まで足す

for文を使う場合(繰り返す回数が決まっているときに使う)

In [15]:
ans = 0
for t in range(0,11):
    ans = ans + t

print(ans)
55

while文を使う場合(繰り返す回数が決まっていないときに使う)

In [29]:
ans = 0
t = 0
while t < 11:
    ans = ans + t
    t = t + 1

print(ans)
55

ずっと繰り返すときは「while(1)」などと書けば無限ループする.

もし、間違えて無限ループしてしまったら、「Ctr+C」で停止させることができる.

配列を対象に条件にあるデータが何番目にあるのか調べる

In [8]:
data = [0, 0.6, 1.2, 1.8 ,2.4, 3.0, 3.6, 4.2, 4.8]
for t in range(0,len(data)): #len(data)でその配列の長さ(「row,col = data.shape」を使ってもよい)
    if data[t] > 4: ##何個目のデータで値が4を超えるか調べる.
        print(t) ##7番目のデータで4を超える
        break #条件に一致したらループを抜ける
7

配列にデータを追加する

In [7]:
import numpy as np

data = [[0,0,0],[1,1,1],[2,4,8],[4,9,27]]

new_data = np.zeros((1,4))#保存用にゼロ行列を作る(最後に消す)
for t in range(0,len(data)): #行列の長さ分だけ繰り返す
    a = np.hstack([t,data[t]]) #t番目の行に「t」を追加する
    new_data = np.vstack([new_data,a]) #新しいデータ(a)を加える

new_data = new_data[1::,:]  #保存用最初に作ったゼロ行列を消す.
print(new_data)
[[  0.   0.   0.   0.]
 [  1.   1.   1.   1.]
 [  2.   2.   4.   8.]
 [  3.   4.   9.  27.]]

保存するファイル名を変更しながら,処理を繰り返す.

ファイルの読み込みも同様にできます.複数の実験参加者のデータを解析するときなどに使ってください.

In [11]:
import numpy as np

for t in range(0,4):
    outTable = [t]
    #保存するディレクトリとファイル名を決める(数字はstr()で文字列にすること)
    filename = "C://Users\Kazuki Yanagisawa//Desktop//result_"+ str(t) + ".csv" 
    np.savetxt(filename, outTable, delimiter=',')#保存

プログラムと同じフォルダでよいなら以下の書き方でOK.

In [ ]:
import numpy as np

for t in range(0,4):
    outTable = [t]
    #保存するファイル名を決める(数字はstr()で文字列にすること)
    filename = "result_"+ str(t) + ".csv" 
    np.savetxt(filename, outTable, delimiter=',')#保存